TPRってどんな方法

幼児英語にはTPRですね
TPRを通して話せる英語を身につける
0歳からの英語システム
家庭学習システム「セサミえいごワールド」



TPRとは身体の動きを通して「聞くことの」の能力を発達させる方法。
例えば、先生が”Touch your head” などの指示を出し、それを体で反応させます。筋肉運動知覚システムを使った「技能」は長期記憶に残ることが実証されており、乳児や5歳までの幼児年令が特に効果的とのこと。

指導ポイントは話すことを強要せずに、話す「レディネス」ができるまで待つ、自発的発話エラーは容認していくことが大切。
子どもが楽しみながら自然に学べる英語学習の無料サンプルプビデオ(DVD)レゼント中!

TPRの利点は発話が強要されないので、聴くことに集中できることや入門期や話し言葉が苦手な子どもに向いているらしい。

ただ、問題点は動作を使って導入できる表現に限界があることです。抽象的な表現をTPRで理解させるの無理が生じてくる。

TPR言葉と体の関係





QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。