バイリンガル幼児園の急増

バイリンガル幼児園が急増しています。
バイリンガルとは?
つい5年前までは子供の英語教室といえば、週1〜2回授業回数が主流であった。ところがここ数年で、1日長時間、朝から午後までのレッスンを行い、週5日間体制の幼児園的な教室が増えている。

これには5つの要因が考えられる。バイリンガル幼児園生

一番目はなんといっても小学校で英語が始まったこと。
国が小学校の英語教育の必要性を明確に打ち出したことで、これまで小学校からの英語に消極的であった層が一気に習わせはじめ、7割程度の子供が学校外で英語を習うようになった。

国からのお墨付きがあると日本人は安心して行動する民族であることを露呈したことになるが。ともあれ子供の英語学習の層が厚みを増した。

二番目はもともと幼児英語に関心を持っていた層が小学校以前の幼児英語教育に大きな期待と関心をより示すようになった。この層は良質の幼児英語教育の獲得を絶えず求めている本来の教育熱心層と言える。

三番目はこれまでの週数回授業に期待が持てないと判断したのではないかと思う。幼児から英語をならっても期待するほど効果がでないことが長い経験から判明してきたことではないかだろうか。
ママによる英語を始めたい方に無料サンプルプレゼント!


四番目は乳幼児からの長時間保育体制英語環境が、自然な英語環境を創出し、子供たちが楽しく、無理なく身につけられ、教育効果がはっきりと証明されてきたことのようだ。

特に経済的に余裕のある層がこれを積極的に求めてきたことが長時間体制のプリスクールとかバイリンガル幼児園など開設に拍車をかけたようだ。

5番目はグローバル化の進展により、母子が外国で生活をする機会が一般的になったこと。帰国後の英語力維持を強く求め始めたことも大きな要因といえる。 さらに英米人のコストが低額化し。長時間雇用が可能になってきたこともバイリンガル幼児英語の開設を容易にしています。

この様な要因から乳幼児の英語教育市場が活発になっているが、当然のことながら教育効果の高い幼児英語機関のみが市場から認知されてくることは必然だ。
ママによる英語を始めたい方に無料サンプルプレゼント!






QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。