全国のバイリンガル英語幼児園2

img08.jpg全国のバイリンガル英語幼児園A
インターナショナルスクール ピーターパン
【神戸東灘区】

ピーターパンはモンテッソーリ教育法を源流とし、ピーターパン独自のシンキングプログラムにより幼児のバイリンガル教育を推進しているスクールです。

ピーターパンの独自教育法としては、自分の意思を、はっきりと伝える交渉能力、子供達の興味の対象を発見し、それにより、時間を忘れるほどの集中力養成、読み書き算数は6歳までに基礎学力育成、絵によって多彩な表現を展開させていくなどがあります。

ただ、子供の英語能力開発だけに目を向けるのではなく、自発性、豊かな人格形成を重視した、モンテッソーリ教育法をベースにしているところが安心して委ねることができるスクールです。
img23.jpg




モンテッソーリ教育法とは
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モンテッソーリ教育(モンテッソーリきょういく Montessori method)とは20世紀始めにマリア・モンテッソーリによって考案された教育法。イタリアのローマで医師として精神病院で働いていたモンテッソーリは知的障害児へ感覚教育法を施し知的水準を上げるという効果を見た。1907年に設立した貧困層の健常児を対象とした保育施設「子どもの家」において、その独特な教育法を完成させた。以後、モンテッソーリ教育を実施する施設は「子どもの家」と呼ばれるようになる。
モンテッソーリ教具と感覚教育
モンテッソーリの木製教具モンテッソーリ「子供の家」の教室に入ると、整然と並ぶ色とりどりの「教具」と呼ばれる木製玩具が目に飛び込んでくる。これらはモンテッソーリの感覚教育法に基づく教材で、モンテッソーリとその助手たちが開発した。モンテッソーリ教育法では教具の形、大きさは無論、手触り、重さ、材質にまでこだわり、子供たちの繊細な五感をやわらかく刺激するよう配慮がなされている。また、教具を通し、暗記でなく経験に基づいて質量や数量の感覚を養うことと、同時に教具を通して感じ取れる形容詞などの言語教育も組み込まれている。




QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。