英検難民

12912582_T.jpg英検問題の大きな特徴をいくつか挙げるとすれば、4択の客観問題であること、書く力(記述力)まで求めてないこと、リスニングテストの比率が高いということでしょうか。高校や大学の入試英語問題と比べても全体的に癖のないあっさりな問題です。理解度のアウトラインをチェックするという点では利用に値する英語検定だと思います。

でもこの英検には大きな欠点があります。それは一次試験合格ラインが六割前後であるため、基礎が未完成なまま上の級を受験してしまうシステムになっているということです。4択客観式の一次試験で六割の得点で合格できるということは、確信をもって正解できた問題が五割程度でも受かってしまうということです。その結果、上の級に行くほど伸び悩むという英検難民が増加してくるのです。

これは高校生以上の話ではありません。幼児から英語を取り組んでいるこども達に増えているようです。英検3級位まではトントンと合格していくのですが、準2級あたりから同じ級を何度受けても受からないという小学生が増えてきました。幼児期から良質の英語に触れてきていれば、特に徹底した英検対策をしなくても英検5級や4級程度の合格は十分可能なのです。それはリスニングの比率が高く、4択客観問題のためなんとなく答えが分かってしまう問題だからです。

もし実用英検の一次合格ラインが八割程度に上がれば、同じ級を何度受けても受からないというは激減するはずです。もちろん、なんとなくわかることは言語の発達段階において自然な流れなのですが、英検の合格ラインがあまりにも低すぎることで弊害が出ているのです。このことを英検協会は着目する必要があるのでは。

幼児からのバイリンガル教育の成果を英検の尺度で収れんするのではなく、やはり多種多様なコンテンツの中で大きく育てていくことが理想ではないかと思います。

関連サイト
『英検〇級は〇年程度』は時代に合わない



QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。