全国のバイリンガル英語幼児園2

img08.jpg全国のバイリンガル英語幼児園A
インターナショナルスクール ピーターパン
【神戸東灘区】

ピーターパンはモンテッソーリ教育法を源流とし、ピーターパン独自のシンキングプログラムにより幼児のバイリンガル教育を推進しているスクールです。

ピーターパンの独自教育法としては、自分の意思を、はっきりと伝える交渉能力、子供達の興味の対象を発見し、それにより、時間を忘れるほどの集中力養成、読み書き算数は6歳までに基礎学力育成、絵によって多彩な表現を展開させていくなどがあります。

ただ、子供の英語能力開発だけに目を向けるのではなく、自発性、豊かな人格形成を重視した、モンテッソーリ教育法をベースにしているところが安心して委ねることができるスクールです。
img23.jpg




モンテッソーリ教育法とは
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モンテッソーリ教育(モンテッソーリきょういく Montessori method)とは20世紀始めにマリア・モンテッソーリによって考案された教育法。イタリアのローマで医師として精神病院で働いていたモンテッソーリは知的障害児へ感覚教育法を施し知的水準を上げるという効果を見た。1907年に設立した貧困層の健常児を対象とした保育施設「子どもの家」において、その独特な教育法を完成させた。以後、モンテッソーリ教育を実施する施設は「子どもの家」と呼ばれるようになる。
モンテッソーリ教具と感覚教育
モンテッソーリの木製教具モンテッソーリ「子供の家」の教室に入ると、整然と並ぶ色とりどりの「教具」と呼ばれる木製玩具が目に飛び込んでくる。これらはモンテッソーリの感覚教育法に基づく教材で、モンテッソーリとその助手たちが開発した。モンテッソーリ教育法では教具の形、大きさは無論、手触り、重さ、材質にまでこだわり、子供たちの繊細な五感をやわらかく刺激するよう配慮がなされている。また、教具を通し、暗記でなく経験に基づいて質量や数量の感覚を養うことと、同時に教具を通して感じ取れる形容詞などの言語教育も組み込まれている。




全国のバイリンガル英語幼児園


バイリンガルとは
全国にある本格的バイリンガル英語幼児園
JCQバイリンガル幼児園 東京晴海
JCQバイリンガル幼児園は、IQ開発プログラムを取り入れた語学教育と豊かな心を育てるEQ教育により、子供達の可能性を最大限に引き出すことを目的としたバイリンガル幼児園が来春、東京の晴海に開講します。
母国語である日本語の習得を大事にしながら、英語、中国語を学べる日本初の3ヶ国語が学べるユニークな幼児園。預かり時間は9時ー17時(延長保育あり:開園時間:7:00 - 21:00)とキャリアを積むお母様やバイリンガル教育に関心の高いご家庭に最適と言えます。

東京都心に近いこのバイリンガル幼児園は今後かなり注目を浴びてくると思います。
条件的に無理な場合は、家庭でバイリンガル育児を行なうしかありませんが、英語にある程度自信がないと踏み切れないのが普通のようです。
0歳から4歳までのバイリンガル家庭環境作りの無料サンプルプレゼント!


x-mas03.jpg

南アルプス市 バンビバイリンガル幼児園
南アルプスの自然環境に囲まれたバンビバイリンガル幼児園では、プログラミングマネージャーをおき、各年代の心理や生活スタイルに応じたカリキュラム作りに力を入れています。
また、導き方にも様々な工夫がなされ、バンビ幼児英語の講師陣は頻繁にワークショップに参加し、現場での課題をチームで共有しながら、プログラムに反映しているそうです。そうすることで、今、現在進行形で、子どもたちにとって意味のある「生きたバイリンガル幼児英語」にすることができるとのこと。
0歳から4歳までのバイリンガル家庭環境作りの無料サンプルプレゼント!



バイリンガル幼児園の急増

バイリンガル幼児園が急増しています。
バイリンガルとは?
つい5年前までは子供の英語教室といえば、週1〜2回授業回数が主流であった。ところがここ数年で、1日長時間、朝から午後までのレッスンを行い、週5日間体制の幼児園的な教室が増えている。

これには5つの要因が考えられる。バイリンガル幼児園生

一番目はなんといっても小学校で英語が始まったこと。
国が小学校の英語教育の必要性を明確に打ち出したことで、これまで小学校からの英語に消極的であった層が一気に習わせはじめ、7割程度の子供が学校外で英語を習うようになった。

国からのお墨付きがあると日本人は安心して行動する民族であることを露呈したことになるが。ともあれ子供の英語学習の層が厚みを増した。

二番目はもともと幼児英語に関心を持っていた層が小学校以前の幼児英語教育に大きな期待と関心をより示すようになった。この層は良質の幼児英語教育の獲得を絶えず求めている本来の教育熱心層と言える。

三番目はこれまでの週数回授業に期待が持てないと判断したのではないかと思う。幼児から英語をならっても期待するほど効果がでないことが長い経験から判明してきたことではないかだろうか。
ママによる英語を始めたい方に無料サンプルプレゼント!


四番目は乳幼児からの長時間保育体制英語環境が、自然な英語環境を創出し、子供たちが楽しく、無理なく身につけられ、教育効果がはっきりと証明されてきたことのようだ。

特に経済的に余裕のある層がこれを積極的に求めてきたことが長時間体制のプリスクールとかバイリンガル幼児園など開設に拍車をかけたようだ。

5番目はグローバル化の進展により、母子が外国で生活をする機会が一般的になったこと。帰国後の英語力維持を強く求め始めたことも大きな要因といえる。 さらに英米人のコストが低額化し。長時間雇用が可能になってきたこともバイリンガル幼児英語の開設を容易にしています。

この様な要因から乳幼児の英語教育市場が活発になっているが、当然のことながら教育効果の高い幼児英語機関のみが市場から認知されてくることは必然だ。
ママによる英語を始めたい方に無料サンプルプレゼント!




QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。